アラフォー女子がいかに楽に痩せるかを研究するブログ

アラフォーになって、痩せにくい身体に。でも、きつい運動や食事制限は無理。めんどくさがりアラフォー女子が簡単に痩せる方法を日々探します。

筋膜はがしグッズ比較!ダイエットにも効く!ストレッチロール、グリットフォームローラーどっちがいい?

最近のフィットネスやダイエットの業界において、ブームの「筋膜はがし」。

この「筋膜はがし」が肩こりや腰痛などの身体のメンテナンスだけでなく、ダイエットにも効果があると言われています。

 

f:id:holomua1120:20170710005233j:plain


では、筋膜はがしとはそもそもどんなものなのでしょうか?


筋膜はがしって何?ダイエットにも効くの?

筋膜とは、全身をつないでいる膜のことです。筋肉はすべて筋膜を通しています。
この筋膜というのは、実は固くなりやすく、それがコリや痛みを生じさせるさせます

この固くなった筋膜を柔らかくさせるのを「筋膜はがし」と言っています。
「はがし」という言葉でドキッとしますが、実際に身体から膜を「はがす」わけではありませんので、安心してください。


筋膜はどういった状態だと固くなりやすいかというと、筋肉をあまり動かしていない状態の時にそうなります。つまり、運動不足だとさらにコリなどになりやすいんです。


筋膜というのは、同じ筋膜ラインにある部位にも影響を及ぼします。
どういうことかというと、肩こりの原因が実は腕や首などに原因があったりといったことです。実際痛む部位ではないところが原因にもなっていたりするのです。

この痛みの原因となっている、筋膜の固くなっているポイントをトリガーポイントといいいます。

痛みの引がね(トリガー)になっているから、トリガーポイントといいます。


筋膜はがしを行うと、このトリガーポイントの発生を予防することができます。
そして、筋膜が柔らかくなると、代謝もあがります。
それが、ダイエットにつがるんです。

痩せる効果もあり、肩こりなどの身体の痛みもなくなるなんて一石二鳥。

これはぜひとも実践してみたいですね。


筋膜はがしは、ストレッチをして行う方法と、グッズを使ってほぐす方法があります。

どちらも効果がありますが、グッズを使ってほぐした方がより、適格に正しいフォームで実践できると思います。


そこで、筋膜はがしグッズを比較したいと思います!!

 

筋膜はがしグッズ比較!

★ストレッチロール(ドクターエア社製)

f:id:holomua1120:20170710224131j:plain

[特徴]

・3分間で1万回の高速振動

・小ぶりなので場所をとらない(直径15cm×長さ30cm)

・プロのアスリートが多く使用

・運動しない人にもおススメ


ストレッチロールの他にはない特徴は、3分間で1万回の高速振動をすることです。
振動が筋肉に負荷をかけずに刺激をします。

振動するストレッチロールを体の下に敷き、腰の下に敷いたり、ふとももに挟むだけでも、振動の効果により、筋膜がほぐれます。

そのため、普段運動しない人にとっては、かなり楽をして、筋膜はがしをすることができます。

トップアスリートも使用しており、大リーグの上原選手がイメージがキャラクターにもなっています。


 

 

★グリットフォームローラー(ミューラージャパン)

f:id:holomua1120:20170710225702j:plain

[特徴]

・小さい(直径14cm×長さ33センチ)

・軽い(604g)

・空洞になっているが、体重の負荷がかってもつぶれない耐久性がある。

・10000円を切るリーズナブルさ

・カラーバリエーションが豊富

 

グリットフォームローラーは、なによりも小さくて軽いのが特徴。
ストレッチ器具というのは場所をとりがちですが、これは小さくて、軽いので持ち運びがしやすいです。
凝りが気になる部位にグリットフォームローラーを当て、身体の過重をかけ、ゴリゴリと転がします。
さまなざまな筋膜はがし方法は、

グリッドフォームローラー | HOW TO | トリガーポイント™ 公式サイト

にものっていますので、購入されて際にはぜひのぞいて試してみてください。

 

 2つの筋膜はがしグッズを比較してみました。

運動が苦手&より効率的に筋膜はがしをしてダイエット効果を上げたい!という方は、振動付きのストレッチロール。

スレッチロールよりはリーズナブルで求めやすい、どこでも持ち運んで筋膜はがしをしたいという方は、グリットフォームローラー。


さらに第3の筋膜はがしグッズがある??