アラフォー女子がいかに楽に痩せるかを研究するブログ

アラフォーになって、痩せにくい身体に。でも、きつい運動や食事制限は無理。めんどくさがりアラフォー女子が簡単に痩せる方法を日々探します。

8時間ダイエット、やり方は?熊田曜子も産後ダイエットにとりいれた。効果はあるの?

食べる時間を守れば、カロリー制限や糖質制限をしなくてもいいダイエット方法があるのをご存知でしょうか?

それが、8時間ダイエットです。

f:id:holomua1120:20170618002319j:plain

「8時間ダイエット」とは、1日の食事の食べ始めた時間から終わり時間までを「8時間」におさめるというダイエット法です。

なぜ、食べる時間が8時間に収めるとダイエットにつながるのでしょうか?
これは、8時間食べるということよりも、実は、残りの16時間を消化・休息にあてるということが重要なのです。

 

16時間食べ物をいれないようにすると、胃腸の機能が回復します。
しっかりと胃腸が休むので、消化もしやすい状態へとなるのです。
そして、8時間の中で食事をとろうとすると必然的に1回にとる食事の量というのが、少なくなるので、ダイエットにもつながります。

 

8時間ダイエット、やり方は?熊田曜子さんも産後ダイエットに

8時間ダイエットですが、タレントの熊田曜子さんも第2子出産後の産後ダイエットの方法としてとりれたそうです。
以前と変わらぬ、ナイスバディをテレビや雑誌で見かけますので、効果がよくわかりますね。

 私もこの8時間ダイエット、実際にやったことがあり、1か月で3キロ痩せました。
効果あります。

8時間の間だったら、好きなものも食べることができるので、ツラいなーということは特になくできました。
甘いものやお酒も時間内ならOKですので。

 

★8時間ダイエットの効果がでるやり方

・むりなく毎日できる時間に8時間を設定する

食べない16時間の多くを睡眠時間にあてるようにすると、無理なくできると思います。ライフスタイルによって、ご自身にあった時間に設定されるとよいとは思いますが、私が実践していたのは、「食べ始め 11:00、食べ終わり19:00」というサイクルでした。
日中に集中させるパターンです。
この時間帯に設定すると、外食など知人などの誘いなども断ることもなく実践できました。

 

・水分補給をたくさんする

食事をとらない16時間の間は、お水やお茶、コーヒーなどを飲み、水分をとるようにすします。
実は、食べるものの量が減ると便秘につながりやすいのです。なので、水分を十分にとることが非常に重要です。

ノンカフェインの飲み物がベストですが、コーヒー好きな方は特にがまんせずに飲んで大丈夫です。ただしブラックのみですので、注意してください。


・少量で栄養価の高いものを食べるようにする

8時間ダイエットをすると、そんなに多くの量を食べられなくなるとおもいます。

食べる総量が自然とへります。

そこで、重要なのが、食事の時間に少量で栄養素のある食べ物を選ぶことが、健康的に痩せるコツとなります。

具体的に選ぶ食材としては、卵、乳製品、肉、豆、ナッツ類、葉物の野菜、玄米などです。

8時間ダイエットは非常にシンプルで始めやすいダイエット法です。
いつも8時間以内に食べるのを抑えるというのが理想ですが、少し食べ過ぎて、胃腸の調子もリセットしたい時ですとか、短期間で痩せる効果を出したいという時には非常におすすめですよ。