アラフォー女子がいかに楽に痩せるかを研究するブログ

アラフォーになって、痩せにくい身体に。でも、きつい運動や食事制限は無理。めんどくさがりアラフォー女子が簡単に痩せる方法を日々探します。

生大根ダイエット、たんぽぽの白鳥久美子も痩せた。やり方は?量はどれくらい?

季節問わず、スーパーなどで一年中手に入れることができる野菜にひとつである大根。

かなり私たちにとっては身近な存在ですよね。

夏の大根は辛味もましてそばとともに食べれば、暑さで減退した食欲も増しますし、冬の大根は甘みもまして、煮物やおでん、スープなどにして食べるととてもおいしいですよね。

 

f:id:holomua1120:20170603010812j:plain


その身近な野菜の大根、生で食べるとはどうやらダイエットになるようなんです。

 
生大根ダイエット、たんぽぽの白鳥久美子も痩せた。やり方は?量はどれくらい?

では、この生大根ダイエットとはいったいどのようなものなのでしょうか?
お笑いコンビの「たんぽぽ」の白鳥久美子さんがテレビ番組「ビューティーコロシアム」で実践され、2か月弱で約11kgの減量に成功させれています。

 

生大根ダイエットとは、その名のとおり火を通さずに、「生」の状態の大根を

1日300gほど食べる。

これ以外に食事の量を制限したり、1食置き換えたりというものではなく、普段の食事の中で、1日300gを生の状態で食べるというだけです。
それだけが守るべきことです。

300gの目安としては、大根の6センチ分ぐらいといったところ。
なんだか、それぐらいの量ならばいけそうな感じがしますよね。

最近のダイエットの主流は糖質を制限するものが多いですが、この生大根ダイエットは、そういったことを一切しなくていいんです。
その理由としては、大根に含まれる「アミラーゼ」と言われる消化酵素が含まれているからです。

 

このアミラーゼという消化酵素は特に炭水化物に対して作用するとされています。
つまり、ダイエット時には、控えるように言われる白米などもがまんをする必要ないんです。

これは、かなりありがたいですね。
ダイエットしたいけど、白米控えるのはつらいという人も多いですから。
お肉や天ぷらなどの揚げ物、サンマなどにおろし(大根)を添えるのは、実はおいしいだけでなく、消化を促進する効果があったんですね。

おいしいのにダイエットに効くというのは、何よりもうれしいことです。

 

さらに、大根には水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は肥満だけでなく、肌荒れの原因となる便秘の予防になります。
水溶性の食物繊維は、胃腸の中で水分と溶け合い、糖の吸収をゆるやかにします。
糖の吸収をゆるやかにするというのは、血糖値の急上昇を防ぐということです。

肥満の原因のひとつとしているのが血糖値の急上昇によるインスリンの過剰分泌です。
そのため、血糖値の急上昇を防ぐというは、ダイエットにするにおいてはとても大事なことと言えます。


幸いなことに、和食には、生大根にあうメニューも多いです。
しゃぶしゃぶや焼き肉などの肉料理に、お蕎麦の薬味に、納豆などにいれてもさっぱりしておいしいです。

 

ただし、このダイエット、冷え性の方にはおススメできません。
生野菜を多めにとることは身体につながりますので。


生の大根を毎日とって楽ちんにやせましょう!